こだまいきいき農場の「漬物(梅・らっきょう他)について」「よくある質問」です

よくある質問

よくある質問

漬物(梅・らっきょう他)について

漬物(梅・らっきょう他)について

Q. 新生姜漬けの素について

Q生姜以外に漬け込むことができますか?

Aみょうが、葉生姜等。らっきょうにも使えますが、少し梅酢が入っているので赤くなり梅の風味が残ります。2週間くらいで食べられます。

Q使用後の液の使用方法

A使用後の液体は酢の物、マリネ等の料理に使っていただけます。薄めて飲むことも可能ですが、塩分が高いためおすすめできません。

Q使用後の液でふたたび新生姜を漬けることができますか?

A味が薄くなるのでおすすめできません。新たしい液を足していただくか、他の料理にご使用ください。

Q. やさしい梅漬けの素について

Q 1kgの梅が浸かりきらないのですが?

A 梅の浮力が強いのだと思います。重石などしてみてください。また、毎日かき混ぜるとなじみやすく、梅が沈んでいきます。

Q. 赤く漬かるカリカリ梅の素について

Q使用している着色は何でしょうか?

A赤キャベツ色素です。

Qどれくらいで食べられますか?

A小梅の場合、約2週間、中梅で約3~4週間で食べられます。

Q. 梅酢について

Q産地はどこですか?

A国産です。(梅:和歌山県産。しそ:三重県産)

Q梅酢に使用している着色は何でしょうか?

A赤しその色です。

Q梅酢が余った時の使い道は?

A紅生姜の漬け液、炊き込みご飯(米3合に対して赤梅酢大さじ3)、大根、みょうが漬けやドレッシングの味付け代わりに。

煮魚の風味づけ・臭み消しに小さじ1。

Q. 梅漬けのしそが余った時の使い道は?

紫蘇ふりかけが作れます。

・水分を強くしぼり、ザルに広げて2~3日天日干ししていただくか、お皿に広げて電子レンジで30秒程度加熱してください。(時間は目安ですのでパリパリに乾くまで繰り返してください。)

・乾燥したらミキサーなどで細かく砕いてください。さらにふるいでふるうときめ細かくできます。

Q. 梅漬けのしその塩分は?

20%前後です。

気になる場合は少し絞るなどして、ご利用ください。

Q. 梅漬けのしその生産地はどこですか?

宮崎県産の赤しそを使用しています。

PAGE TOPPAGE TOP