こだまいきいき農場の「有機ごぼう茶」「よくある質問」です

よくある質問

よくある質問

有機ごぼう茶

有機ごぼう茶
YUKI GOBOUCHA

Q. 便秘に効果ありますか?

水分やごぼうに含まれる食物繊維は便秘解消に大切な役割を果たします。薬と違い、有機栽培のごぼう100%なので体にやさしく、副作用などを気にされる方にもオススメです。継続して飲んで頂くことで腸内環境の改善を手助けします。

ごぼうには不溶性食物繊維のセルロースやリグニン、水溶性食物繊維のイヌリンなどが含まれます。
水溶性食物繊維のイヌリンは摂取した食物と混ざり合いヌルヌルとしたゲル状となって小腸までゆっくり進みます。
人間の腸内にはおよそ100種類、100兆個以上の腸内細菌が棲みついており、善玉菌と悪玉菌が常に勢力範囲を争っています。善玉菌が優勢を保っている時は腸の調子が良く、劣勢になった時は便秘などの症状として現れます。イヌリンは腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし腸内の環境を整える効果があります。

Q. アンチエイジングに効果あるの?

ごぼうには抗酸化作用が期待されるポリフェノールが含まれ、老化や病気の原因になる活性酸素を除去する作用があります。

ごぼうの皮には、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸やタンニンが含まれています。
ポリフェノールとは、食物の色素や苦み成分に含まれ、強い抗酸化作用を持っていることで知られている成分です。
クロロゲン酸やタンニンには、活性酸素[※1]によって生成される病気や老化の原因である過酸化脂質[※2]の発生を抑える働きがあるため、老化を防止する効果が期待できます。
またごぼうの有効成分アクチゲニンに、老化に伴う記憶障害を抑制するはたらきも報告されています。
[※1:活性酸素とは、普通の酸素に比べ、著しく反応性が増すことで強い酸化力を持った酸素のことです。体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。]
[※2:過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪などの脂質が活性酸素によって酸化されたものの総称です。]

Q. 1パックでどのくらいの量飲めますか?

1パックで水500mlを目安としてお作りください。水の量はお好みで調整してください。

Q. ごぼうはどこで作っていますか?

広島県世羅町の自社農場で有機栽培したごぼうです。
「サラダむすめ」という品種で、白肌で鮮度がよく、香り・食味ともにすぐれ、ゴボウ一般の料理はもちろん、サラダとして生でもお召し上がり頂けます。

Q. ダイエットに効果あるの?

ごぼうに含まれるサポニンはコレステロールや体内脂肪を分解排出を促すといわれています。

Q. 放射能検査はしていますか?

検査は実施しておりません。
広島県内の自社農場で栽培された原料のみを使用しています。

Q. 農薬は使っていますか?

有機無農薬で栽培されており、有機JASの認定を受けた商品です。

Q. 残留農薬について検査はしていますか?

検査を実施した結果、未検出でした。

Q. 妊娠中ですが、飲んでも大丈夫ですか?

原料はごぼうのみで、添加物やカフェインも入っておりませんので安心してお飲み頂けますが、
念のためお医者様にご相談ください。

Q. 乳児が飲んでもいいの?

ノンカフェインのお茶ですので、その点は問題ありませんが、
持病やアレルギー等の症状があるお子様は、お医者様にご相談ください。

Q. ペットボトルでの持ち運びはできますか?

無添加で長期の保存はできませんので、涼しいところに保管して早めにお召し上がりください。

Q. 病院の薬を飲んでいるが、併用してもいいの?

野菜ですので問題はございませんが、ご心配であれば専門医にご相談ください。

Q. どのくらい飲みきればいいの?

お作り頂いた当日にお飲みください。

 

PAGE TOPPAGE TOP